メニュー

コンテンツの紹介

グルコサミンの有効性と摂取量目安
コンドロイチンと併用される事の多いグルコサミンの必要性や関節の病気がある場合の摂取の目安量などについて。

グルコサミンはどんな成分?
体内でも生成されるが年々不足する

グルコサミンサプリの原料となる食品
エビやカニなどの甲殻類から抽出可能な成分だけに

グルコサミンに副作用がある?
そこまで心配しなくても大丈夫な成分のひとつ

グルコサミンは食品から摂取できる?
身近な野菜からの摂取も心がけたいところです

コンドロイチン不足の注意と摂取量
コンドロイチンとはどういうもので、不足するとどのような変化が身体に現れるのか。また、推奨される一日の摂取量目安などの情報。

コンドロイチンは第3類医薬品?
医薬品分類で医療費控除も可能なようです

コンドロイチンの効果とは?
軟骨への水分保持やクッション性を保つ

コンドロイチンは目にも効果が?
視力調整(ピント調整)をスムーズにする働きがあるとのこと

コンドロイチンとの同時摂取が最適
二つの成分バランスを意識した摂取が有効なようです

肌にも良いコンドロイチンとは?
関節や視力のみならず肌にも良い効果をもたらしてくれる

コンドロイチンの効果は微妙に違う
成分の生成ではなく抑制や水分の保持が役割

天然型NAGサプリメントで比較
サプリメントの中から、天然型のNアセチルグルコサミンを含む製品に限定して、配合量や価格を比較してみました。

コラーゲンの必要性と摂取方法
コラーゲンの必要性や日頃からどのように摂取すれば良いのかなどについて。

ヒアルロン酸の保水力で関節炎予防
美容目的での利用が目立つヒアルロン酸ですが、その高い保水力が関節炎などの予防としても欠かせない成分のようです。

ビタミンCがコラーゲンの合成を促進
関節の症状を改善する直接的な働きは無くても、コラーゲンを摂取する場合に意識して摂取したいビタミンCについて。

変形性関節症を予防するには
加齢によって引き起こされる場合が多い変形性関節症とはどのようなものか。

椎間板ヘルニアは男性に多い?
関節に起こる症状に関する参考情報として、椎間板ヘルニアとはどういうものかについての概要を掲載。

慢性関節リウマチの予備知識
関節に起こる症状に関する参考情報として、慢性関節リウマチとはどういうものかについての概要を掲載。