コンドロイチンの効果とは?

軟骨への水分保持やクッション性を保つ

グルコサミンと並んで、よく関節痛改善策として紹介される、コンドロイチン。正確に言えば、関節痛に悩む比較的若い年齢層に、お勧めされるそうです。では、そのコンドロイチンは、具体的にどのような形で、関節痛を改善してくれるのでしょうか?

グルコサミンとの違いがいまいち分からない方も少なくないと思います。

すると、コンドロイチンは、どうもグルコサミンのように、軟骨自体は生成してくれないそうなんです。その代り、軟骨へ水分を補給することで、クッション性を維持する効果を有するみたいです。

つまり、残存する軟骨がこれ以上擦り減らないよう保護する役目を果たすんですね。

その間に、体内で分泌されたグルコサミンが、少しずつ軟骨を回復させてくれるため、多少時間はかかりますが、確実に関節痛の改善が可能とのことでした。また、グルコサミンは、加齢に伴い分泌量が少なくなると聞きますが、比較的若い内ならまだある程度は見込めるそうです。

つまり、グルコサミンではなく、コンドロイチンが比較的若い年齢層にお勧めされるのも、それが理由がうかがえます。加えて、コンドロイチンだと、医療費控除を受けられるという意外なメリットもあるので、関節痛の早めの対策として、コンドロイチンのサプリメントは是非お勧めとのことでした。