肌にも良いコンドロイチンとは?

関節や視力のみならず肌にも良い効果をもたらしてくれる

コンドロイチンとは、ギリシア語で軟骨という意味だそうです。

と言っても、軟骨を直接生成してくれるというわけでは実は無く、軟骨の水分を保持することで、擦り減らないようするというのが、軟骨に関する本当の効能みたいです。そのため、関節痛の改善に効果的とのことでした。

しかし、最近では、美肌効果ももたらしてくれるということで、若い女性の層からの人気も高まっているみたいです。軟骨に関係するコンドロイチンが、肌にも良いとは、どういうことなのでしょうか?

どうやら、栄養分の消化、吸収、代謝が円滑に行われるようサポートしたり、肌の真皮の水分を保持したりすることで、潤い弾力性の富む肌にしてくれるそうです。結局は、近しい成分であるヒアルロン酸と同じような働きがあるということなんだと理解できます。

それにしても、コンドロイチンは、体内でも普通に生成されている、アミノ糖の一種なんですよね。となると、別に外部からサプリメントという形で摂取する必要は無いのではないでしょうか?

残念ながら、体内で生成される分だけでは到底足りないそうです。
また、加齢に伴い、その分泌量も低下してくるのだとか。そのため、コンドロイチンで美肌効果などのメリットを得たい場合は、多少面倒ですがサプリメントで補うのが一番みたいです。

足りなくなってから慌ててサプリメントを始めるより、気になる程度から始めた方が良いのかもしれません。