コンドロイチンの効果は微妙に違う

成分の生成ではなく抑制や水分の保持が役割

関節痛に悩まされた場合、よく推奨される成分は2つあります。
それは、グルコサミンとコンドロイチン。

グルコサミンはサプリメントのCMや広告でよく見るので知っているのですが、コンドロイチンというのは聞いたことが無かったり、そこまで、必要性を実感しないという場合もあるかもしれません。

しかし、どちらも関節痛に効くということで定番化している成分なので、グルコサミンと同じく、コンドロイチンは、軟骨成分を生成する効果を有するのでしょうか?

確かにコンドロイチンは、軟骨に一定の効果をもたらしてくれることは分かります。ただ、軟骨成分を作り出すのではなく、軟骨のすり減りを抑制したり、軟骨の水分を保ったりするのがその効能みたいです。

となると、グルコサミンとコンドロイチンの効果は、微妙に違うのだとわかります。

しかし、違うからこそ、両方バランス良く摂取すべきだと思います。なぜなら、せっかくグルコサミンが軟骨を作ってくれても、それを維持してくれるコンドロイチンが無ければ、結局関節痛はあまり解消されないからです。

そのため、サプリメントを飲むなら、グルコサミンとコンドロイチンの両方が含まれているものを選ぶべきとのことでした。

その点、ドクターズチョイスのグルコサミンは、コンドロイチンも配合されているだけでなく、そのバランスも考慮されているので、摂取に最適なサプリメントのひとつだと納得できます。