コラーゲンとは

体の中であらゆるところに存在するコラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種ですが、私たちの体のあらゆるところに存在しています。体内のタンパク質の割合では、全体の3割がコラーゲンなので、それだけ体を形成する上で必要不可欠な成分だということがわかります。

コラーゲンの主な働きは、細胞同士の結びつきを強化する事です。

また、一概にコラーゲンと言っても、特定の1種類だけが存在するわけではなく、様々な種類のコラーゲンが存在しています。それを「型」と付けて区別しているのですが、現時点でも既に十数種類のコラーゲンが発見されていて、この先も数は増えていくということが予想されています。

これらの複数のコラーゲンの中でも、膝との関わりの深いのは、Ⅱ型コラーゲンと呼ばれるものです。

Ⅱ型コラーゲンは、膝軟骨や目の硝子体を形成する上で必要な成であり、変形性関節症のような膝の症状、もしくは、目の中のゼリー状成分である硝子体の膜を形成する成分の一つでもあるようです。

このⅡ型コラーゲンは、鶏のトサカに多く含まれているのですが、私たちの普段の生活で鶏のトサカを食べる習慣はありません。

この写真も犬用の食品として存在するものです。

1日に必要な量を摂取することを考えてみても、トサカの干物で摂取するのは困難です。

関節炎の患者に対する臨床試験では、コラーゲンを摂取することにより膝や股関節の痛みが緩和し、同時に関節の可動域が広がる等の機能改善に有効な働きがあるという報告があります。

コラーゲンを摂取する上で心がけたい事として、コラーゲンの合成を促すビタミンCと併用で摂取することにより、体内に吸収したコラーゲンの合成が効率良く行われるようになるので、ビタミンCの摂取も意識したいものです。

尚、ビタミンCは水溶性なので体内に蓄えておくことができませんが、体内に安定して蓄えておけるように工夫されたタイムリリース製法を活用したビタミンCサプリメント用いることで、効率的にコラーゲンの合成に働きかけることができます。