グルコサミンサプリの原料となる食品

エビやカニなどの甲殻類から抽出可能な成分だけに

グルコサミンは、若い内だと体内で十分な量が生成されているそうです。
そのため、ちょっとくらい激しい運動をして、関節部分の軟骨がすり減っても、すぐに元通りになるみたいです。

加えて、グルコサミンには骨の原料である軟骨芽細胞も刺激することで、骨自体の強化も図ってくれるため、そもそも軟骨がすり減るということも少ないのだとか。

しかし、加齢が進むにつれて、体内におけるグルコサミンの生成量は、少なくなってしまいます。それにより、軟骨が弱くなると共に、すり減ってもなかなか修復が進まないため、頻繁に高齢者は関節の痛みに悩まされることになるんですね。

そのため、高齢者はグルコサミンをサプリメントで補充することが推奨されるそうです。

ただ、そのグルコサミンのサプリメントですが、意外なことに原料はとても身近な、ある食品でした。それは、エビやカニ。正確に言えば、その殻です。

なんでも、エビやカニの殻には、キチン質というムコ多糖の一種である栄養素が含まれていて、ここからグルコサミンを取り出すことができるのだとか。

サプリメントの材料やエビやカニの殻って、なんだかちょっと笑ってしまいますが、変な化学成分じゃなくて良かったですが、これらの甲殻類アレルギーを持っている場合は、サプリメントでもそれに近しい反応をすることがあるかもしれないので、注意しなくてはなりません。