グルコサミンは食品から摂取できる?

身近な野菜からの摂取も心がけたいところです

グルコサミンと言えば、サプリメントで摂取するイメージしか浮かびませんが、食品には含まれていないのでしょうか?

サプリメントなら簡単なのは分かるのですが、できれば食品から自然に摂取したいところです。そこで、グルコサミンの含まれている食品を、ちょっと探してみました。

すると、意外なことに、牛・豚・鶏の軟骨、うなぎ、フカヒレや山芋やオクラなど、身近にも色々あると分かりました。正確に言えば、グルコサミンを構成成分とする、プロテオグリカンが多く含まれているそうです。

となると、毎日これらの食品をたくさん食べれば、グルコサミンは十分摂取できるのかと思いきや…そういう単純な話ではないみたいです。

なぜなら、プロテオグリカンの一部が分解されることで、ようやくグルコサミンとなるため、上記の食品をいくら食べたところで、そう簡単にはたくさんグルコサミンを摂取することには繋がらないからです。

そうしたこともあり、グルコサミンは、サプリメントで摂るのが一番現実的とのことでした。とりあえず、グルコサミンは体内でも生成されている栄養素の関係上、副作用の心配も基本無いそうです。

うなぎやフカヒレは、中々手が出せなかったり、軟骨類も習慣化して食べるのは難しいところですが、山芋やオクラは、スーパーでもよく見かけるので、サプリメントを併用しつつ、これらも日頃から食べるのが良さそうです。