ビタミンC

コラーゲンの合成に欠かせない成分

コラーゲンを意識して摂取する場合、同時に補いたい栄養成分がビタミンCです。

ビタミンCには、コラーゲンの合成を促す働きがあるので、材料のコラーゲンばかりを摂取するのではなく、同時にビタミンCも摂取することで、より効率的に合成されるようになるそうです。

コラーゲンは関節の成分としてだけではなく、肌のアンチエイジングなどにも有効性が高い成分であり、同時にビタミンCもアンチエイジングに欠かせないビタミンの一つとして重要性が高いものです。

抗酸化作用に優れていることから、体内に侵入してきたウイルスや細菌を撃退する働きもあるので、体内のビタミンC量が十分だと、風邪が引きにくくなる等の体を守る働きもあります。

ビタミンの中には、水溶性と脂溶性という2種類があるのですが、ビタミンCは水溶性なので、体内に蓄えておくことができません。体内の血管を巡って使われ無かったビタミンCは、そのまま尿として排出されてしまいます。

なので、体内に一定量のビタミンCを確保する為には、1日数回に分けて摂取するように心がける必要があります。

ビタミンCは、日頃から口にする食材では、果物等に多く含まれています。
特に、レモンやアセロラに豊富なビタミンが含まれていますので、食材から吸収したい場合は、こうした果物を中心に、食べるようにすると良いと思います。

また、サプリメントで摂取する場合は、ローズヒップに含まれるビタミンCが人気です。天然由来のローズヒップから抽出したビタミンで、タイムリリース製法という体内に入ってから、時間を置いて少しずつ成分が溶け始めるというもので、これにより、水溶性ビタミンでありつつ体内への滞在時間を延ばすことが可能となっているようです。